トップページ » SATOメソッドの実例 »

SATOメソッドの実例

心のストレス病から脱出できた

K・Hさん 30歳 男性
 私は19歳の頃から心理面に問題を抱え、30歳になる現在も病院の心療内科に通っています。病院の診察では、いろんな病名をもらいました。うつ病、パニック障害、PTSD、睡眠障害、気分障害、他にも病名をもらっていたかも知れません。薬は山のような薬を処方され飲んでいました。毎週、カウンセリングに診察、それを数年間通院し、ある程度は落ち着きました。

» 続きはこちら| 06/03/02

うつ症状が消えていく!

M・Tさん (男性・55歳) 会社役員
 体と精神は、文字通り一心同体ではないかと思わせる臨床例を一つ紹介します。
M・Tさんは大手証券会社の中間管理職。気がつくとうつ状態に陥っていたと言います。

» 続きはこちら| 06/03/02

熟睡できるようになって、こころの元気を取り戻す

N・Eさん (男性・37歳) 会社員
 最近、当センターに来院されるクライエントの中に、独身の30歳代の方が増えました。家族のことや将来のことをいつも心配しなければならない中高年層からすれば、独身貴族といわれ自由な身分である彼らは、うらやましい限りです。しかし、今やストレスで悩む世代は、中高年世代だけでなく若い層にも広がっています。気功家から見ると、とにかく脳が疲れているようにみえます。

» 続きはこちら| 06/03/02

うつ病との長い闘いを乗り越えて

E・Aさん (女性・46歳)
 若い頃からとても優秀な才能をもち、将来有望とされた女性に、突然大きなショックを与える出来事が起きました。それがきっかけとなり、躁うつ病と不安神経症を発病。長い入退院生活の後、気功により生きる力を取り戻した女性のケースです。多くの患者さんの中で、E・Aさんはとても気功の練習に熱心な方で、模範的患者さんといえます。長い闘病生活からなんとしても早く脱却したいという強い思いがそうさせたのでしょう。

» 続きはこちら| 06/03/02

戦後の恐怖症がようやく消えようとしている

T・Nさん 70歳 男性 会社員
 私は、当年70を過ぎた高齢となっているが、若いときからなぜか人生の寂しく暗い日々を送っていた戦後の記憶がときどき浮かんでいた。

» 続きはこちら| 06/03/02

遠隔療法で心筋梗塞の危機を脱出

H・Kさん 56歳 気功勉強中
 2004年9月に始めて当センターに訪れたH・Kさん、5回の対面式外気功を受診され、気の重心が「足裏」に下がりました。以前、乳がんの手術を受けたり、手首を骨折したこともあり、現在は疲労が重なると背中の痛みが出るといいます。

» 続きはこちら| 06/03/02

ひきこもりから脱出させる「遠隔気功」というサポート

S・Kさん (男性・29歳)
 8年近くひきこもりを続けている29歳の男性。当然のごとく、本人の受療が見込めず、治療のことも本人に話せないような状況で、どの程度効果をあげることができるか――遠隔気功法の一つの挑戦でした。しかし難しい状況の中に、変化の兆しが見え始めたうれしいケースを報告します。

» 続きはこちら| 06/03/02

遠隔気功は、ガン手術後の頼もしい味方

Y・Tさん(女性・84歳)
 「佐藤式気功って、困ったときには救急車より早く来てくれるんですね!」
 先日、田舎で一人暮らしをなさっている84歳のY・Tさんより、こんな喜びの電話をいただきました。

» 続きはこちら| 06/03/02

脳梗塞の言語障害が回復した!

Y・Sさん (女性・74歳) 主婦
 家にいる時、突然脳梗塞の症状に襲われたY・Sさん。すぐに病院に運ばれたので、一命に異常はなかったのが幸いでした。しかし、言語障害が残り、情緒不安定に陥り、最初は泣いてばかりいたといいます。娘さんの依頼で、発病の翌日から遠隔気功を開始しました。毎日、遠隔で気を送った結果、約1カ月の入院を終えた頃には、心配された半身不随にもならず、言語障害がかなり回復し、精神的にも安定しました。その時の経過は次のようなものでした。

» 続きはこちら| 06/03/02

気功が自己免疫疾患(ベーチェット病)の痛みを軽くした!

A・Tさん(男性・53歳) 会社役員
 A・Tさんは、大手化学会社で27年間コンピュータ業務に携わり、高度成長期時代を仕事の鬼となって歩んできた方です。その彼が、難病のベーチェット病を発病したのは4年前のことでした。口内炎と微熱が続いた後、左右の足首にひどい潰瘍ができて、ときどき足首に激痛が走り、つらくて夜が眠れないときもあったそうです。治療はステロイドによる薬物療法、激痛にはモルヒネに相当する鎮痛剤を投与するのだといいます。しかし、最近は鎮痛剤も効かなくなってきたのだそうです。

» 続きはこちら| 06/03/02

出張中の突然のぎっくり腰、一時間後に仕事に復帰できた!

H・Aさん (男性・49歳) 講師業
 企業セミナーや社員研修などで、講師として活躍中のH・Aさんから、ある日の早朝せっぱつまった声で電話がかかってきました。なんとかすぐに治してほしいと言うのです。

» 続きはこちら| 06/03/02

様々な病気から救われた70歳代の女性

Mさん 73歳 主婦
 20代後半で受けた手術の際の輸血でC型肝炎にかかっていた事を65才の時に知り、一般的には60才までしか行わないインターフェロンを70歳まで行うことのできる病院で治療を受けました。

» 続きはこちら| 06/03/02

対面式外気功の病気別改善例

対面式外気功によって改善されたとされる病気・疾患
(※以下の病気を「治癒」するものではありません)

» 続きはこちら| 06/03/01

頑固な耳鳴り・眼精疲労・体調の不具合による脱力感が消えていく!

H・Sさん(63歳) 男性
 私は、最後の職場を12年間、東京の某設計事務所に勤め、工事の施工管理を業務としていました。その職場も2年前に退職して、昏るるに未だ遠し…のシルバー世代の男性です。

» 続きはこちら| 06/03/01

幸せ感をもたらしてくれる佐藤式気功

安達ゆきえさん 塾講師(現在はアロマセラピーの勉強中)
 私は以前から代替療法の癒し効果に関心があり、自分自身の体調を整えたいという希望もあって、佐藤式気功を体験してみようと思いました。

» 続きはこちら| 06/03/01

極度な不眠症が完治し、人間関係も良くなった

A・Kさん (男性・29歳) 会社員
 A・Kさんは、15年前に強いストレスから極度の不眠症に陥りました。精神科にも通ったし、アロマテラピー、鍼、灸、整体、催眠療法等、良いと思われることは何でもやってみたけれども効果がなく、唯一中国式気功によって改善がみられたといいます。しかしまだまだ完全ではなく、特に精神面での不安感を払拭したいと佐藤気功センターにお見えになりました。

» 続きはこちら| 06/03/01

重症の椎間板ヘルニアを解消し、部活を再開できた

S・Nさん(女性・14歳) 学生
 バスケットボールの練習中、腰に劇痛が起こりました。病院の整形外科での診断は、稚間板ヘルニア。かなり悪化しており、手術を要するとのこと。MRIでは椎間板が神経を圧迫しているのがはっきりわかりました。ご両親は、結婚前の女の子に手術の後が残るようなことは避けたいとの思いから、当センターにみえました。

» 続きはこちら| 06/03/01

△ページの上へ