トップページ » 答えてちょうだい » Q.レイキと佐藤式気功との違いは

答えてちょうだい

Q.レイキと佐藤式気功との違いは


1.レイキは、外界から気(宇宙エネルギー)が体内に入ってきますが、佐藤式気功は内界から体内に気が湧き上がってきます。

2.自然治癒力が高まることは、潜在意識にスイッチが入ることです。外界の気を利用したレイキではスイッチが入りにくい。そのために短期間で習得できる特徴ではあるが、効果に問題がある。佐藤式気功は内界(集合的無意識)から気を取り入れるので潜在意識にスイッチが入りやすい。そして、短期間でマスターできます。。

3.レイキは呼吸法は不要だがマントラをイメージしたりアチューメント(手当て)を行います。佐藤式気功は呼吸法やイメージは必要とせず、意識(心の中で温かい,涼しい,と唱えるだけ)するだけで体内に気が湧いてきます。よって、仕事をしながら、家事をしながら、勉強しながら、スポーツをしながらできます。

4.レイキは気の重心が丹田(下腹部)までは下がりますが、佐藤式気功は足裏まで下がります。(足裏まで下がりグランディングされます)

5.料金について比較すると、レイキは自己ヒーリング・他者ヒーリング・遠隔ヒーリング等を習得するのに約10万円~15万円かかります。佐藤式気功は、直接施療を受けながら約5万円で習得できます。(自己トレーニング・対面式外気功・遠隔気功)

6.さらにレベルを高めるために、レイキではティーチャーコースがあります。料金は約10万円です。佐藤式気功は上級者実践コースがあり、料金は約3万円です。

7.レイキは医療への応用が主体になりますが、佐藤式気功は気の重心が足裏以下(足裏~宇宙の中心)まで下がるのでスポーツを初め、芸術・教育など自己啓発に顕著に応用できます。特にスポーツは体のバランスに関係する競技やメンタル面を重視する競技に関して顕著に効果を発揮します。

8.レイキに比べ体感しやすい。そのために短期間でマスターしやすい特徴があります。

09/12/07

△ページの上へ