トップページ » 答えてちょうだい » Q.佐藤式気功の代表的な改善例は

答えてちょうだい

Q.佐藤式気功の代表的な改善例は


佐藤式気功には代表的な改善例があります。

 ひとつは、冷えの改善です。冷えは若い方から中高年まで幅広く知られている自覚症状です。西洋医学にはお薬はなく、一般的に東洋医学で発展してきた漢方薬で知られています。他、冷えを改善するための民間療法もたくさんあります。佐藤式気功での冷えの改善は、何と言っても体の中から湧いてくる温かさでしょうか。これは体感しないと理解できませんが、お風呂に長い時間は入って徐々に体の深部が温まる感じと違い、体の深部から逆に湧いてくるのです。頭寒足熱感覚も佐藤式気功の特徴ですが、冷え改善のメカニズムに関わっているものと思っています。

 二つ目は、不眠の改善です。不眠も西洋医学の睡眠薬から漢方薬、民間療法様々です。不眠は5人に1人ということが一般的に知られているデータですが、以外と関心の低い自覚症状です。一方、8-10人に1人といわれているうつ病がありますが、自覚症状が深いと「自殺願望」に発展していまう怖い病気です。うつ病の原因に不眠が大きく関わっていることは専門家であれば常識です。しかし、最近一般の方はうつ病には関心を持ち始めましたが、うつ病の主たる原因である不眠が影響していることに知らないようです。佐藤式気功は脳を深くリラックスさせることにより熟睡でき、不眠が改善されます。そのメカニズムは中丹田から湧き上がる「拡大気」の働きに大いに関係があると思っています。

 3つ目は、宿便の排泄作用です。最近、マクロビオティック、甲田療法(断食・少食療法)、糖質制限食など、現代の飽食に警告を鳴らす療法が注目されています。特に断食療法は宿便を排泄する療法として静かなブームを起こしています。佐藤式気功にも宿便の排泄に貢献した例として末期の前立腺がんの改善例があります。オリジナルCD慈しみやスピリチュアル気功CDブックにより自己トレーニングをしている間に宿便が多量に排泄されたあと、体の激痛がかなり軽減されたことです。その後数ヶ月の間にがん数値が一ケタに下がり、全身の骨転移が消滅しました。末期のガンや激痛が消滅する前の現象として多量の宿便の排泄があるもとの思っています。気の重心が足裏以下に下がると改善の可能性が高くなります。

10/01/03

△ページの上へ